会社員、卒業してみた。

WEBメディアで週4働く派遣社員。ときどきライターや二ート。好きな仕事をして幸せに、いい意味でラクに生きるためのティップスやコラム、読んだ本についてなどをつづっているものの、最近は雑記ブログ化しつつある。夢はエッセイスト&コラムニスト。

男性と女性の仕事の仕方の違い

仕事をする上で、男女の違いを意識するようになったきっかけ

f:id:gerdamonroe:20171127002847j:plain

昔、携帯ショップで働いていたとき、2年間女性店長の下で働いていた。とてもやさしくておもしろくてかわいくてときには厳しくておかあさんみたいなキャラの、お姉さん的な存在だった。

わりと仲良くしていて、ある日、その彼女が実はこの店で店長になるまで過去に何度も店長にならないかと言われていたが、ずーっと断っていたと打ち明けられたことがあった。

そのときに彼女が言ったことがとても印象に残った。

「やっぱり、男性と女性の働き方ってちょっと違うよね。男の人は店長になる!とか課長になる!とかそういうのを目指して働けるけど、女の人はそういうのはあんまり働く動機にならないよね」

みたいなことだったと思う。わたしはおおいにうなずき、このころから、男性と女性の仕事の仕方の違い、というものをときどき意識するようになった。それから、もう少しで10年が経とうとしているのだけど、もちろん何に対しても個人差はあるものの、仕事をしていて次のような男女の違いを感じることがよくある。

1:仕事の目的の違い

男性はゴールや目標を追うことを大事にするけど、女性は仕事の過程を大事にする。

男性はこのプロジェクトやります!と決定したら、プロジェクトを成功させることを即目的にできる。一方で女性がまず考えるのはゴールよりもなぜこれをやるのか?ということで、どちらかというとスタートを大事にする気がする。そして、もちろん目標を達成しなくてはいけないとわかってはいるんだけど、ゴールよりもプロジェクトの動機を大切にしながら仕事を進めているような気がする。

なので、男性が上にたっていると、目標やゴールに心を奪われ過ぎていて、何事もいきなりゴールには到達しないということをわかっているのか?この方法で大丈夫なのか?ということがたまーにある。

解決法としては、男性は「なぜやるのか」「どうのような方法でやるのか」ということにもう少し重点をおくと、スムーズになるんじゃないだろうか。あと、女性に仕事をお願いするときには何のためにやるのか?ということをとにかく明確にわかるようにしておくことは結構重要だと思う。

女性の場合は逆に、その過程にとらわれ過ぎて、本当にゴールに到達するまでにちょっと軸がぶれてしまうことがあるかもしれない。「ゴールありきで何をするのか」にこだわるとプロジェクトはスムーズに運ぶかもしれない。

 

2:仕事の進め方の違い

男性のほうがおおざっぱでツメが甘いと感じることがしばしば。女性のほうがきめ細かいけど、男性からみると周りくどいと感じることもあるのかもしれない。

男性は、やっぱりゴールを目的にしていて、やり方にはあまりこだわらないような印象。あと、どうも自分さえわかっていればいい、という考えで作業を進めている人がだびたびいるような気がする。総じて仕事やタスクがとてもおおざっぱな人がたまにいるのだ。もちろん女性にもいるのだがそういう女性の場合は単に仕事があまりできない人という感じで、男性は仕事ができる人でも、まわりへの配慮が少し足りなかったり、ゴールを優先するあまりそうなっている気がする。

プロジェクトに関わる人にちゃんとわかるように進めてくれないと、のちのち混乱することは少なくないので、もう少しタスクを細かくわけてプロジェクトを進行してくれ、といいたいことが過去にあった。

一方、女性の場合は、自分が感じていることや現状にとらわれてしまい、要点やこれからするべきことがおぼろげにななったり伝わらいづらかったりという傾向がある。ビジネスでよくいわれることだけど、結論から先に言ったり明確にするように心がけるといいのかな。

自分が女なんで、ちょっと女目線の意見になってしまったかな。もちろん一概に男性は全員こう!女性は全員こう!というわけではなく、あくまでも上記のような傾向が強いのでは?ということなのだが。みなさんはどうでしょうー!?