会社員、卒業してみた。

WEBメディアで週4働く派遣社員。ときどきライターや二ート。好きな仕事をして幸せに、いい意味でラクに生きるためのティップスやコラム、読んだ本についてなどをつづっているものの、最近は雑記ブログ化しつつある。夢はエッセイスト&コラムニスト。

ブログを書けないスランプがやってきた。乗り越えるにはどうすればいい?

書けないスランプに陥る

困った。最近このブログで書きたいことがなくなってきた。

なぜかというと、このブログを完全雑記ブログ化していないからだと思う。

書きたいことはゼロなわけではなくて、飲み歩いた店についてとか、彼氏とのできごとについてとか。でも、なんかこのブログに書くのは違う気がしてしまい……。飲み歩いた店については、スローすぎるペースで更新している食と旅のブログに(旅のハウツー的ななものはこっちにも書いてるけど)。恋愛のことは、匿名でたまーに書いているnoteのほうに。

書籍の紹介もしようかと思っていたんだけど、最近は食の本ばかり読んでいて、やっぱりこのブログで紹介するにはなんか違う、と思ってしまう。

そもそも雑記ブログにするか特化ブログにするかずーと迷っていて、今でも少し心がゆるれてるくらい。

雑記ブログにも、特化ブログにも、それぞれメリットはあって、それぞれのメリットはこんなところだろう。

雑記ブログのメリット

・なんでも書けるので更新頻度が上がる

・なんでも書けるのでネタに困らない

・ネタに困らないので長く継続しやすい

特化ブログのメリット

・固定のファンをつけやすい

・専門的なことや自分の知見を生かした記事であればライバルが少ない

SEOに効果的

・極めれば執筆や書籍化などのプラスアルファが期待できる

ブログの更新頻度があまり多くないわたしは、一時期はもう1つのブログとこのブログを一体化し雑記ブログ化しようかと迷っていた。

ただ、どうしても、このブログに、例えば恋愛コラムを書くのは違う気がするし、飲み歩き日記もどうも違う気がしてしまい、結局は別々でいくことに決めた。

そしたら、このブログは主に働くことについてや社会的なことに対しての意見を述べる用になってきた。

ただ、最近、まぁいろいろあるけど、いろいろあってもとにかく行動するしかないわけで、そうなると、そんなに述べるべきようなこともないし(悩む暇があったら行動したい)、言いたいことはひととおり書いたなしなぁなんて思うようになってしまった。

ということで、食と旅と恋愛以外の雑記を書けばいいんじゃないのか?と思う。が、

そうなるときゅうりダイエットをはじめました、とか、愛用のプチプラコスメとか、おみくじで大吉引いたよ、とか、ガチの雑記になるんだが、それでもいいんだろうか。

というか、決めるのはわたしのなのでわたしがいいと思えば、いいんだろうけど。なんとかなく書けない。でも、恋愛コラムや飲み歩き日記よりはこのブログには適している気がするし、この「書けないスランプ」を乗り越えて、ブログは継続したい。

そこで、なぜ雑記ブログ化できないのか、考えてみた。

 

書けない理由

・雑記を面白く書く自信がない

・誰も読まないのでは?と考えてしまう

・誰も読まなないということはPV稼げないし、書く価値がないのでは?と思ってしまう

・今の分野での読者が離れてしまうのでは?と心配

・旅とかお散歩系の記事をこのブログに書くかもう1つのブログに書くか迷ってしまう

だいたいこんなところだろう。

要は、考えすぎってことですね。こうやって自分で書けない理由を言語化してみたら、「何も考えずに、ただ書け!」って今、思ったわ。

よく考えたら、雑記を執筆する時間なんて、20分か30分くらいじゃないのか?

それくらいの時間でデメリットも特にないなら、別に書けばいいじゃん、って今思った。

あと、面白く書く自信なくても、とにかく書き始めれば途中から面白いかも?と思えるかもしれないし。面白くなかったらボツにすればいいだけだし。

読者離れを心配するほど読者いないし、笑。

どっちのブログに書くかも、それは決めずにただ書けばいいんだな。多分、そんで書いてからどちらに載せるか決めればいいじゃないか。別に厳密にこのネタはこちらのブログに絶対に書いてはいけません!なんてルールはないわけだし。

それでも書けなかったら、アナリティクスとかPVとか、一切見ないほうがいいかも。そもそも誰もみていないと思って書いてみる。読者を意識することは大事だけど、個人のブログだし、スランプのときは試してみる価値ある気がする。書き続けるコツの1つなんじゃないだろうか。

ということで、この記事じたいが、ひとり言みたいな立派な雑記になったが、うん、なんか、書きたくなってきた気がする。