会社員、卒業してみた。

会社員になれなかったフリーライターの雑記。

ラクして稼いで、好きなことをして生きたいというのが本音

実は最近、派遣切りというやつにあい、転職活動中である。

仕事は1月末までなので、オフィスには来ているがほとんどやることがなく、転職活動とか、ブログを書いたり、単発のライターの仕事とか、読書とか会社の近所の七福神めぐりとか、そういうことをやって過ごしている。(会社的にもさせる仕事がないので空いている時間の使い方は自由というのが暗黙の了解)

ということで、ここ2か月くらい、無職になる予定ではあるものの、ほとんど好きなことだけして生きている状態を経験。

めっちゃ楽しい。

派遣の仕事と以外に、仕事やそれに近いものとしては

・湘南のパワースポットの取材&執筆(取材は強風で大変だった!)

・エッセイの執筆(ギャラ安いけど楽しい)

・ブロガー向けアートの内覧会に当選(これから行く)

・ブログの更新(2つのブログ)

・本の企画書を作成

などをして、なるほど、こんな感じの興味ある仕事であれば、楽しくやって幸せに生きていけるのだなーなんて思っていた。

しかも、今までは日中働いた後に、やりたい仕事をやって、のんびり過ごせる時間は減る、ってパターンだったけど、日中に好きな仕事ができると、夜に時間もあるので、自宅ではゆっくり過ごせるし、家事もできるし、かなり心に余裕が。こんなふうに生きられたらすごく幸せなのに、と思っていた。

 

しかし、転職活動を本格的に始めて、1件、体験入社という二次選考に入ったことをきっかけに、またモヤモヤに突入。

本当にやりたいか?これ?ってかそもそも何がしたいかわからん!と。

ある程度の給料の編集やライティングの職をうけても、正直あまり気が進まないんだよね。一応興味のある業界の仕事を探してはいるんだが。

なんでだろう?って考えたのだが。

わたしはつまり、ラクして稼ぎたいのだ、ということに気がついた。

だから、はっきりいって何をするかはどうでもいいのかもしれない。(営業など超苦手なものは除く)

好きな仕事をするよりも、ラクして働くことが、自分の好きなことなのでは?ということに気がついたのだった。自分がやりたいライティングなどの仕事は除いて。というかやりたいことをやりたいから、ほかの仕事はなるべくラクなことやりたいのかもしれないけど。やりたいことはやりたいことだからラクだし。

で、どうすればいいのか考えても、正直よくわからない。

ただ、編集やライティングの仕事のために、都内まで通って多かれ少なかれ残業して人付き合いして心や時間をすり減らすなら、家から近い横浜近辺でデータ入力なんかの仕事でサクッと働いてサクッと帰って、時間を確保したほうがいい気がする、と思い始めた。

とりあえず、二次選考結果待ちものと別で、シフトの融通がきき時給がまずますのデータ入力の仕事と、リモートワークの編集の仕事にエントリー中。

「こんな感じの興味ある仕事であれば、楽しくやって幸せに生きていけるのだなー 」ていうこの感覚と流れを崩したくない……。

ここでまたがんばってそこそこの労力が必要な仕事をしてしまうと、時間がないことや疲労のためやりたいことができないという振り出しに戻ってしまうような気がする。