会社員、卒業してみた。

WEBメディアで週4働く派遣社員。ときどきライターや二ート。好きな仕事をして幸せに、いい意味でラクに生きるためのティップスやコラム、読んだ本についてなどをつづっているものの、最近は雑記ブログ化しつつある。夢はエッセイスト&コラムニスト。

箱根フリーパスで美術館巡り。「ミュージアムセレクト2」今冬も実施中

f:id:gerdamonroe:20180208133023j:plain

以前に、箱根をお得に周遊できる「箱根フリーパス」について、どのくらいお得か検証した結果を記事にした。

箱根フリーパスとは?

箱根フリーパスとは、小田原や新宿から箱根湯本までの往復1回と箱根登山系のバスや電車、ロープウェイなどの交通機関が乗り降り自由というチケットだ。

乗り降り自由になるのは以下の交通機関

箱根登山電車
箱根登山バス
小田急箱根高速バス
沼津登山東海バス
観光施設めぐりバス
箱根登山ケーブルカー
箱根ロープウェイ
箱根海賊船

箱根の移動手段のほとんどが乗り放題になるこのフリーパス、価格は、2日間有効で、

新宿からは5,140円
小田原からは4,000円

3日間有効はで、

新宿からは5,640円
小田原からは4,500円

くわしくはこちらの記事を。

www.book-diary.com

結果、2泊3日の旅でかなり得したことが判明したのだが、冬の時期は交通費以外にも特典がある。

 

お得に美術館巡りができる「ミュージアムセレクト2」

上記の記事にも書いたのだが、「ミュージアムセレクト2」といって、箱根エリアで人気の美術館6館のうち、2つの美術館に入館できて入場料が合計2,000円になる、アート好きにはたまらなくかつ超お得な特典だ。

ミュージアムセレクト2は箱根フリーパスを購入した人だけの特典で、それ以外の人は利用することができない。昨冬期間限定で販売していたのだけど、今冬も発売していた。

ミュージアムセレクト2で巡れる美術館を紹介

巡れる美術館は次の6つだ。ちなみに、1~4番までは仙石原にある。

 

星の王子さまミュージアム(仙石原)

サン=テグジュペリの生涯や物語が生まれた背景を知ることができる美術館。フランスの街並みや作者が幼少期を過ごしたといわれるお城などが再現されていて、敷地に一歩足を踏みいれるだけでテンションが上がる。

お庭もすてきで女子のツボにドはまりするミュージアムだ。

入館料:大人前売り券1,400円、当日券が1,600円

 

箱根ガラスの森美術館(仙石原)

f:id:gerdamonroe:20180208133013j:plain

貴族の館をイメージした館内にヴェネチアン・グラスの作品を100点以上展示する美術館。

キラキラ輝くクリスタンガラスのアーチをはじめ、ガラスの作品が点在する庭園はヨーㇿッパを訪れたような気分にさせてくれる。

今冬は終わってしまったけど、11月からクリスマスシーズンにかけてはライトアップの演出やガラスのツリーがめちゃくちゃきれい。通常は午後5時30分までなんだけど、このシーズンは夜まで開館していてロマンチックだった。

ちなみに、星の王子さまミュージアム箱根ガラスの森美術館は歩いて10分くらいなので、はしご?しやすいよ。

入館料:大人1,500円

 

・ポーラ美術館(仙石原)

f:id:gerdamonroe:20180208132946j:plain

モネ、セザンヌルノワールゴッホなど印象派の名画がそろう美術館。洋画のほか日本画も多く収蔵している。展示が工夫されていて、敷居が高いアートを楽しく鑑賞できると個人的には感じた。

展示にもよるけど写真撮影OKなコーナーがあるのもうれしい。

自然とアートとの共存をコンセプトにしていて、エントランスは光がいっぱい差し込み、周囲には森林浴にぴったりの遊歩道も。

入館料:大人1,500円

 

箱根ラリック美術館(仙石原)

フランスを大代表するジュエリーとガラス工芸の巨匠、ルネ・ラリックの生涯にわたるコレクションを所蔵する美術館。

ラリックはもともとジュエリー作家だったので、装飾品の展示には乙女心をくすぐられる。オリエント急行の内装も手がけていたそうで、2001年まで実際に走行していた豪華なサロンカーを見学しながらのティータイムもを過ごせるのも魅力(当日予約制)。

入館料:大人1,500円

 

彫刻の森美術館(強羅)

自然の中でアート鑑賞を楽しめる美術館。野外彫刻作120点が展示されるほか、300点以上の所蔵品を順次公開しているピカソ館も。歩き疲れたら園内にある足湯で疲れを癒やせるよ。

入館料:大人1,600円

 

成川美術館(元箱根)

現代日本画を中心としたコレクションは4000点以上。企画展のほか、常設展では中国の秘宝を展示していて、彫刻品や翡翠を使った作品など繊細な細工には目を見張る。

小高い丘の上にあり、展望ラウンジでは総長50mにも及ぶ一面ガラス張りの窓から、箱根・芦ノ湖の大パノラマを見渡せる。箱根の景色が一望出来るカフェもあり。

入館料:大人1,300円

 

 

便利な観光施設めぐりバスも

と6つの美術館を紹介したが、最大で1,200円もお得になるなんてほんとスゴイ。箱根フリーパスの交通費だけでもかなり安くなる可能性が高いが、対象の美術館を巡りたい人は購入必至だと思う。

また、1~5の美術館を巡るなら、強羅・仙石原地区の観光スポットを巡回する「観光施設めぐりバス」を使うと便利。ゆっくり自然を眺めながら美術館めぐりが楽しめるのも魅力。「箱根フリーパス」ならもちろん乗り降り自由だ。

ミュージアムセレクト2の購入方法は?

箱根フリーパス購入時にもらえる「のんびりクーポン」を提示し(箱根フリーパスは駅や旅行代理店で購入しておいてね)上記の美術館で購入できる。1つ目の美術館で購入して、2館目ではそのチケットを見せるシステム。

冬って寒いので、屋外でゆったり過ごせる美術館へ気軽に足を運べるのはうれしい限り。箱根旅行のときにいはぜひ上手に使ってお得な旅がしたいな。