会社員、卒業してみた。

フリーライター、派遣、ブログの収入でのんびり幸せに生きています。ガツガツ働かないで生きる方法や世の中のことをつづっています。

恋愛の悩みが軽くなるおすすめ本。奥平亜美衣さんの著書

f:id:gerdamonroe:20180717011104j:image

奥平亜美衣さん著、インパクト大なタイトルの恋愛本

前にジョン・グレイ氏の恋愛本についてブログに書いたんだけど、もう1つよく読み返している本がある。奥平亜美衣さんの「宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則」という本だ。

っていうか、タイトルすごいよね。この本をどこで買ったのか覚えてないんだけど、本屋で買ってたとしたら、よく買えたな、自分!って感じ。って、思ってAmazon見たら、購入履歴が残ってた。

そりゃそうだ。イイ歳こいてこんなタイトルの本を書店で買うなんてマジで顔から火が出るわ。

だって、めちゃくちゃ恥ずかしくないですか…?

「最高のパートナーが放り込まれる」って。しかも、それだけでも恥ずかしいのに、さらに「宇宙から突然」というわけのわからない前置きつきという!

私はこの本を所持しているが、彼氏や友達に見られたら恥ずかしいので、当然のようにカバーをつけたまま押入れに隠している。

自分が編集者だったら、このタイトルはつけられないかも……。いや、わかりやすいし、売れてるし、インパクトあるのでいいと思うんです。こんなにダサいし恥ずかしいけど、やっぱりプロです。って、悪口を書きたいわけじゃない!これが、めちゃくちゃいい本なんです!!!!!おすすめ。

何を隠そう、最近も、彼氏とケンカして音信不通にされ気が狂いそうになったときに(その後無事仲直り)、この本を読み返すことで心を落ち着かせていた。2年半ほど前に購入して以来、ふっと、恋愛に迷いや不安が生じたときに、読み返している本だ。

ちなみに、今の彼氏と付き合う前に片思いしているときにも、これを読んで、不安を乗り越えて、見事付き合うことができた。

いやまぁ、彼とは運命だし~、私が魅力的だったから~というのもあるんですが~。だから本のおかけとは限らないけど、でも、この本の存在はすごーく、デカかった。たぶんこの本のおかげw。

著者・奥平亜美衣さんのプロフィール

著者の奥平亜美衣さんは、数年前まで普通の会社員兼主婦だったが、「わかりやすい引き寄せの法則」ついてブログや書籍を執筆し続けて、今では売れっ子作家の一人。

Amazonの著者プロフィールがわかりやすいので、引用します。

◇−1977年、兵庫県生まれ。お茶の水女子大学卒。
大学卒業後、イギリス・ロンドンに約半年、インドネシア・バリに約4年滞在後、日本へ帰国。ごくごく普通の会社員兼主婦生活を送っていたが、2010年『アミ小さな宇宙人』(徳間書店)に出会ったことで、スピリチュアルの世界に足を踏み入れる。その後、2012年『サラとソロモン』(ナチュラルスピリット)と出会い、「引き寄せの法則」を知る。
本の内容にしたがって、「いい気分を選択する」という引き寄せを実践したところ、現実が激変。その経験を伝えるべくブログを立ち上げたところ、わかりやすい引き寄せブログとして評判になり、ついには本の出版という夢を叶えることに。現在は会社員生活に終止符をうち、執筆業、講演を中心に活躍中。
出した本すべてがベストセラーになり、累計発行部数は21万部を突破している(2015年9月現在)。

奥平さんの本を初めて読んだときは、目からウロコ、という感じだった。

なぜなら、それまで私が目にした引き寄せの法則や波動の法則などの類は、欲しいモノとか、理想の生活をイメージして叶える、みたいな感じだったから。もしくは、今1つ具体性に欠けるかなという感じ。

でも、お金がない~、モテない~、彼氏できない~、仕事ツライ~なんて生活を送ってたりするのに、お金持ちの妄想をし続けるとか、彼氏がいる生活をイメージし続けるとか、仕事を楽しいと思えとか、すごーくすごーく難しい。たまたまいい調子でできても、すぐに現実に戻ってしまうのがオチ。

でも、それまでの引き寄せの法則のほとんどがそんな感じだった。あと、とにかくポジティブ思考を心がける、みたいな。

でも、奥平さんが説明する引き寄せの法則は、自分には無理だろうと思ってしまうような果てしないことをイメージする必要はない。今よりちょっと楽しくなれるように、「いい気分を選択する」「いい気分になれる行動をする」というのが基本。それを繰り返すことによって、望むライフスタイルを手にすることができる、と説いている。

欲しいモノが手に入らなくても、幸せになればいい

確かに考えてみれば、

給料が○○円ほしい

彼氏がほしい

結婚したい

好きなことを仕事にしたい

とかどんな願望も、基本的には「幸せになる」のが目的だ。うっかり願望が強まると、それが手に入らないとダメなような気がしてしまうんだけど、でも、その望みを叶えることでしか、幸せになれないわけではないはず。

だったら、別に、願望を叶える前に、今幸せなになればいいじゃん!という話。好きなことをしたり、感謝すべきことを思い出してみたり、お気に入りのモノを手にとってみたり、とにかくいいことにフォーカスして、いい気分を選択する。

ちなみに、これはポジティブ思考とちょっと違う。イヤなことが起きたら、ポジティブにもっていければいいけど、それができなかったら、ムリヤリしなくていい。その代わり、イヤなことはできるだけ考えないようにして、他の楽しいことを考えるようにする、というのも「いい気分を選択する」ことの1つなのだ。

そうして、「いい気分を選択して、今、幸せになる」ということを心がけると、「アレ?私別に彼氏いなくても今幸せじゃん」「給料高くないけど幸せじゃん!」と思える→その幸せな気持ちや波動がさらなる幸せを引き寄せる、めでたしめでたし。というカラクリだ。

気分よく過ごすことを心がけることで、幸せを引き寄せるという、なんともシンプルな法則。お金持ちになった妄想をし続けるとか、彼氏がいる生活をイメージし続けるよりはるかに継続できるし、幸せな気分になれる。

と、言いつつ「常に気分よく過ごすことを心がける」のも簡単ではない。日常に不満がある人も少なくないだろうし、特定の願望に対しても、しばらくたつとまた、「やっぱ彼氏いなくてさみしい~」「給料少なくて欲しいモノ買えない~」とか思ってしまったりもするわけで。引き寄せの思考術を身につけるまでは地道に自分の心に気を配る必要があるのだ。

そこで、心が幸せじゃない状態に傾くたびに、とにかく「いい気分を選択して、今幸せな気持ちになる」というクセをつけて、さらなる幸せを引き寄せる方法、そしてその幸せな状態を保つためにはどうしたらいいか、につい書いてあるのが、奥平さんの著書なのだ。

どんな恋愛でも、心を軽くしてくれる本

そして、そんな引き寄せの法則をつかって、望む恋愛を引き寄せる秘訣が書いてある書籍が、「宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則」である。

「引き寄せ」の基本についてから始まり、出会いがまったくない……、恋愛中に不安になったときは、パートナーとうまくいってない、恋人未満の曖昧な状態に疲れた…などなどリアルな悩みに対する対処方法もたくさ書いてあって、いちいち参考になる。とても内容の濃い一冊で、私の本には、マーカーだらけだ。

どこか琴線に響いた箇所を引用しようかなと思ったんだけど、良い言葉がありすぎて引用できないよう~。

1番面白いなと思ったのは、この本、恋愛本なんだけど、恋人がいることや結婚することに全力をささげるようなことや、好きな人はこうやって振り向かせる!みたいことが書いてるようなハウツー本ではないところ。

逆に読んでいるうちに、今彼氏がいる私ですら、別に恋愛しなくてもいっかなぁ、と一瞬思っちゃうほど、心が軽くなる本だということに気がついた。

私は、彼氏がいて、できれば彼と結婚したいけどこの先どうなるんだろう…と軽く悩み中で。でもこの本で何度も述べられている、恋愛や結婚が幸せにしてくれるのではなくて、自分で自分を幸せにるすのが基本だということを認識したら、スッと気持ちが軽くなった。

そうだよね、恋愛や結婚をしていても幸せじゃない人はたくさんいるもんね。

自分を幸せにするのは自分!と知っておくと恋愛に振り回されない

しかも、結局、恋愛の不満や悩みって、ほとんどが相手に期待をして、期待通りの行動をしてくれないときとか、その期待に応えてくれるかわからないというときに、モヤモヤしたりイライラしたり、落ち込んだりするんだよね。

でも、この本に書いてある通り、「自分を幸せにするのは自分」と認識しておくと、相手に期待しなくて済むから、不安がなくなって純粋に恋愛を楽しめるのね。さらには、こんな風に「いい気分」を選択し続けた結果、引き寄せにより望む幸せがやってくる。

逆に、「結婚すれば幸せなれる」「○○さんと付き合えば幸せになれる」と思ってると、「結婚しないと(付き合えないと)幸せになれない=今幸せではない」ということになるわけで、幸せな状態を引き寄せるのが難しくなる。しかも、引き寄せ云々を置いておいても、こんな思考しているときって、苦しいよね?私も経験あるし、今でもたまにそれに近い状態なるけど。

この本を読んでいると、そんなふうに何かに執着して辛い状態や、恋愛に対する不安取り除いてくれるなぁと思う。読むと真向きにな気持ちになれる。

しかも、恋愛だけじゃくて、人間関係全般にもいえるし、もっといえば、ライフスタイル全般に応用できるような内容なのもおすすめの理由。

引き寄せのことよくわからないという方は、こちらも読むとよりわかりやすいと思います。