会社員、卒業してみた。

フリーライター、派遣、ブログの収入でのんびり幸せに生きています。ガツガツ働かないで生きる方法や世の中のことをつづっています。

「第3号被保険者=パート」の社会保険対象者を拡大する法案を検討

会社員の配偶者で、パートなどで働く第3号被保険者加入が2021年から拡大される可能があることが記事にされていました。

headlines.yahoo.co.jp

 

1/21(月) 8:03配信 マネーの達人より


【年収82万円の壁】月給6万8000円から社会保険加入で出現 減少が予測される「第3号被保険者」は今後どうなる?
パートの社会保険対象者が拡大する?
パートの社会保険対象者が2021年度より拡大する?
朝日新聞(平成30年12月19日付け)で、厚生労働省では2020年の通常国会

短時間労働者(パート)へ社会保険の適用拡大について、年金制度を見直す法案の提出を検討している
とのことです。

パートの社会保険対象者が拡大される法案が通常国会を通った場合、早ければ2021年度に現在の月給8万8000円から月給6万8000円(労働時間等他に要件あり)でパートが厚生年金・健康保険に入るように改正された法律が施行される可能性があります(平成30年9月14日付け 日経新聞より)。

この法案が通れば、の配偶者など家族の扶養に入り年金や健康保険料などの社会保険料を払う必要のない「3号被保険者」の基準が、月収88000円以下から68000円以下に下げられる。現在、月収が88000円以下なら配偶者が会社員であればその扶養に入り、社会保険料を払わなくてよいのが、その基準が月収68000円以下の人に狭まるということだ。

 

このニュース、結婚をしていない私にとっては、関係ないものの、「第3号被保険者」の存在に対しては常々疑問に思っていたので記事を見てみると…、ますますその疑問を深めるかたちになった。

まぁ記事というよりこのニュースに対するコメントを見て、なのだが。

私はてっきり、「そもそも被保険者3号の制度が時代にそぐわないのではないか」というコメントが大多数を占めると信じていた。

ところが、1番多いコメントが「パートで働かなくてはならいほどの家庭の、わずかなパート収入からも税金ふんだくるのか」という類のコメントだった。

ん~でもさ、例えば、給料が20万円にも満たず、そこから社会保険を引かれて手取り15万円とか下手したらそれより少ないお金で家賃払っている人もいるわけで…、しかも学生だって、免除はできるものの基本的には年金を払う義務があるわけで、しかも自営業者の配偶者は3号にはなれないわけで、会社員の配偶者というだけで、一切合切払わなくて、40年間払い続けた自営業者の配偶者や配偶者に頼りたくても頼れないシングルマザーやシングルファーザーたちなんかと同じように将来年金もらえる、というのは、どう考えても矛盾していると思うのだが…。

その矛盾を指摘するコメントが少なすぎて、私にとっては記事の内容よりもそちらのほうが衝撃だったかも。

まぁたしかに、今回当事者となるのは、被保険者3号であり、しかもこの法案が通った場合に得する人はほとんどいないわけで、批判的な意見がコメントが多くなるのは仕方のないことなのかもしれないけど。

そして、3号云々はおいといて考えてみると、とにかく税金や社会保険の料金は上がる一方で、上がったからといって何か恩恵を受けているかといえば、そんな実感は全然湧かないわけで、怒りたくなる気持ちはわからなくはない。

国会議員の数減らすとか、給料減らすとか、ムダな道路工事やめるとか、軍事費無くすとか、そういうことしないで、国民からの税金ばかりとるのはほんとどうかしてるし。

私は常々思っているのだが、国会議員の給料はポジションに関係なく年収1千万円くらいでいいと思うんだよね…。まぁ必要経費は別で。経費たっぷり出るんだから、1千万くらいで十分だろう。そりゃ子供がいて配偶者が専業主フということであれば、決して贅沢できる金額じゃないと思うけど、何千万も給料もらってたらよほどできた人間じゃないと国民の気持ちなんてわからないんじゃないだろうか。ムヒカを見習え!

プラス、それくらいのお金のほうが、金とか地位名誉目的の政治家だっていなくなるだろうし。金もらえなくてもいいから国を良くしたい!という人だけ集まるようになっていくんじゃないだろうか。ってか政治家って本来そういう人がやるべきだと思うんだけど。中にはいるんだろうけど。

とまぁ、被保険者3号の話から少しずれてしまったけど。

被保険者3号については、現状維持できるなら現状維持でもいいのかもしれないけど、結局さ、国は金採りたいから、なくしたいんでしょ?

だったら、被保険者3号という存在自体をスパッと、5年後になくします!てすればいいのに、なんか、少しずつ基準を厳しくして、ごまかしてる感じには、ちょっとイライラはするよね。年金だって健康保険料だって、いつまで値上げするんだろう…。

今回の法案が通ったら「パートの手取りが減る!」とか「弱者からどんだけ金とるのだ」言う人は、「働きたくて働いてるわけじゃないのに」という想いがある人がほとんどだと思うんだよね。であれば働かない専業主フからも社会保険料を徴収すれば、どっちみち払うんだから、そのほうが仕方ないか、ってあきらめがつく気もするのだが…。

しかも今のままだと、パートですら働かなくても済むようなただでさえ恵まれた専業主フが社会保険でも1番優遇されるという矛盾…。

ってか、年金…。もう破綻するの目に見えてるんだから、いいかげんそろそろ制度自体を見直さないとまずいだろう…。ア〇と違う?